コラム

第6回 Geo-Inverseを使ってみる

カルマンフィルタで逆解析/第6回担当:里 優(2020.08)


今回からは、カルマンフィルタを用いた3次元有限要素法による逆解析ソフトウェア「Geo-Inverse(ジオ-インバース)」を使って逆解析に挑戦します。
まずは、第3回第4回で説明した変形問題を解いてみましょう。



  1. CAD機能を用いて解析モデル(立方体)を作成します。
  2. メッシュ分割し、境界条件(底面・側面を面拘束)を設定します。
  3.     ウィンドウ

  4. 観測点と観測値を設定します。
  5.     計測データ設定

  6. 誤差の分散、予測誤差共分散の初期値を設定します。
  7.     ソルバー設定

  8. ヤング率の初期推定値を設定します。
  9.     ボディ材料値編集ダイアログ

    この後計算を実行すると、内部で以下の計算を行い解を求めます。


  10. ヤング率の初期値をもとに、変位の推定値f(x)と観測行列Aを求めます。
  11. 観測値をもとに、フィルタ方程式によりヤング率の推定値を更新します。
    このようにして得られた結果を次図に示します。ヤング率は、正解の50に収束していきます。


次回からは、より実践的な問題に挑戦します。