技術サポートFAQ

技術サポート一覧

数値解析ソフトウェアに関する「よくある質問と回答」を紹介しています。

製品共通 導入時

Q1:CDから製品をインストールしましたが、起動することが出来ません。原因を教えてください。

製品を起動するには、「ハスプ」というハードウェアロックキー(参照:Q2:「ハスプ」とは何ですか?)が必要になります。ハスプがPCに装着されているか、ご確認下さい。
ネットワークライセンス版のハスプをお使いの場合は、サーバにハスプが装着されているかご確認下さい。

Q2:「ハスプ」とはなんですか?

製品を起動する際に必要なハードウェアロックキーのことです。この「ハスプ」を認識し、製品が起動する仕組みになっております。 PCのUSBポートへ取り付けて使用します。紛失された場合の再発行はしておりません。お取扱いは充分にご注意下さい。

Q3:「ハスプ」を紛失した場合、再発行できるのでしょうか?

ハスプの再発行は行っておりません。ハスプにてライセンス管理を行っておりますので、紛失にはご注意下さい。 ハスプの貸し借りによる紛失の可能性を低くするために、ネットワークライセンスシステムによるライセンス管理を行うことも可能です。

Q4:ネットワークライセンス版の「ハスプ」はありますか?

ネットワークライセンス対応のハスプもございます。サーバにハスプを取り付けることにより、ハスプの移動による紛失の可能性が少なくなります。 料金等詳細については、担当者までお問い合わせください。

Q5:ネットワークライセンス版の「ハスプ」は、同時に複数のPCで製品を起動することができるのでしょうか?

購入していただいたライセンス数分は、同時に起動することができます。

(例)2D-σ×2ライセンス、3D-Flow×2ライセンスをお持ちの場合は、それぞれの製品を2台のPC(合計4台)にて同時起動することができます。

Q6:「キーディスク(フロッピーディスク)」で運用していますが、プログラムが起動しなくなりました。どうすればよいでしょうか?

キーディスク(フロッピーディスク)のサポートは終了いたしました。ハスプ(ハードウェアロックキー)と交換していただき、引き続きのご愛用をお願いいたします。料金等詳細については、担当者までお問い合わせください。

Q7:CD-ROMに保存したファイルを開くことができません。どうすればファイルを開くことができますか?

CDに保存されたファイルは、ファイルの属性が「読み取り専用」になるため、開くことができません。データを開く場合には、ハードディスクに保存した後、ファイルのプロパティよりファイル属性の「読み取り専用」のチェックを解除して下さい。

Q8:XPで運用しているPCに製品をインストールしたら、製品が起動しません。どのような理由が考えられますか?

お使いの製品がインストールされているフォルダ内にある「haspdrv.exe」をダブルクリックして「HASP設定」をご確認下さい。【HASP KEY:無効】の場合には、下記について確認、及び対応が必要です。

1)お使いのPCのOSをご確認下さい。Windows XP SP2、及びWindows Server 2003 SP1をお使いの場合には、下記よりHASPデバイスドライバーをインストールしてください。 詳細はこちらまで

2)ハスプの破損を確認するために、起動しないPC以外のPCにハスプを装着し、起動を確認して下さい(起動確認をするPCにも、製品がインストールされている必要があります)。
 ⇒他のPCで起動する場合:ハスプの破損ではありません。
 ⇒他のPCで起動しない場合:ハスプ破損の疑いがありますので、こちらまでご連絡下さい。

3)プリンタポート、またはUSBポートが正常に動作しているかの確認を行います。ハスプがPCに装着されているか、ご確認下さい。
 ⇒プリンターポートの場合:複数のハスプを連結している場合は、動作の確認をしたいハスプのみを装着し、製品が起動するかご確認下さい。
 ⇒USBポートの場合:USBマウス等を接続し、それらの使用可否をご確認下さい。

 上記のとおり、製品の起動、またはUSBマウス等が使用できる場合は、プリンタポート、またはUSBポートの破損は考えられません。

4)上記確認、及び対応後も製品が起動しない場合には、お手数ですが、こちらまでご連絡下さい。
 (お使いのOS、シリアルNo.、ハスプ形状、製品バージョンを確認させていただきますので、予めご準備下さい。)

※稀に、他社製品のハスプドライバとの相性により、弊社製品用のハスプドライバがインストールできず、パラレルタイプのハスプが認識できなかったケースがございます。連絡の際に、他社製品使用の有無等も併せて、お知らせ下さいますようお願いいたします。

製品共通 操作

Q1:解析が回りません。何を確認すれば良いですか?

次のようなメッシュが生成されている場合に、解析が収束しないことがあります。

■ 要素形状は三角形にも係わらず、4つの節点が存在している場合
(例)

上記のような場合は修正の必要があります。下記の修正例を参照してください。
修正例(1)

修正例(2)

Q2:要素形状が三角形で、4つの節点が存在する要素の修正方法は?

次のようなメッシュが生成されている場合に、解析が収束しないことがあります。

 「要素形状は三角形にも係わらず、4つの節点が存在する要素」は下記のような作図をした場合に作成されます。

4つのキーポイントで構成された三角形領域が存在(赤枠内)
その場合のセグメント(辺)の分割数が「1」
 上記のような作図領域の修正方法

 4節点で構成された三角形のセグメント(辺)の分割数を次のように設定すると、メッシュ生成後、領域内に3つの四辺形が生成されます。このような状態になっていれば、解析は収束します。
 分割数の調整によっては、次のようなメッシュが生成されます。分割数の調整によって発生する三角形要素には問題がありません。
【参考】
別の方法として、三角形領域(大)を前述の四角形と三角形に分け、分割数で調整するのではなく、下図のように三角形を重心と中心に三つの四角形領域を作ります。この結果、四角形要素が生成されます。