ソフトウェア販売

計測系ソフトウェア

Geo-Tomography/ER(3次元比抵抗)


トモグラフィは物理探査で用いられる逆解析技術の一つで、一般的には探査対象領域を取り囲む形で探査線を配置し、領域内部の物性(弾性波速度/比抵抗など)の分布を調べる技術です。 本製品は、電気探査の計測データから3次元地盤の比抵抗分布を求めるソフトウェアです。順解析にも対応しており、現場計測前に仮想の比抵抗分布を元に電位分布を求めることも可能です。

プリプロセッサ機能

  • 2次元・3次元をシームレスに統合したユーザーインターフェース
  • 押し出し法による3次元モデル作成
  • 数値地図データ(国土地理院 数値地図データ等)の取り込みに対応
  • マウス操作・数値入力によるモデル作成機能・境界条件設定・計測点の設定・物性の一覧編集機能
  • 分割数指定機能により、要素細分化が可能なメッシュ作成機能
  • 計測データプリチェック機能(電位減衰曲線図)

ポストプロセッサ機能

  • コンター図/色分け図/面コンター図表示機能(電位/比抵抗)
  • 任意断面表示機能
  • アニメーションファイル(AVI形式)作成機能
  • 分析グラフ
    (残差分布図/残差頻度分布図/残差履歴曲線図)
  • 解析結果エクスポート機能(テキストファイル形式)
  • 数値データ/コンター図等のコピー&ペースト機能

適用問題

  • 地下水面の探査
  • 断層探査
  • 土壌の汚染状況の探査  など
解析手順
解析結果図
項目動作環境
CPUIntelPentium(TM)シリーズまたは、それらと互換性のあるCPU
メモリー実装256MB以上
ハードディスク30MB以上の空き容量(製品インストール時)
※解析実行時には、解析データの規模により、さらに多くのディスクが必要となる場合があります。
ビデオカードVGA(640×480)TrueColor以上表示可能なもの
OS Microsoft® Windows XP/Vista/7.以下のMicrosoft® Windowsにて動作確認を行っております。
日本語 Microsoft® Windows XP Professional Edition /
日本語 Microsoft® Windows Vista / 日本語 Microsoft® Windows 7
I/Oポート使用するハードウェアロックキーのタイプにより、USB1.0互換(Aコネクタ)が必要となります。
その他キーボード・マウス・ディスプレイ(またはそれらに類するもの)
説明
基本システム
プリ/ポスト節点・要素上限数:設定なし、登録材料上限数:200、1次要素(6面体/5面体)対応
解析プログラム節点・要素上限数:設定なし
※節点・要素条件数は設定材料数・設定境界条件等により変動
順解析モード/逆解析モードあり
※単独または組み合わせでの解析が可能
境界条件電位固定境界/混合境界(無限遠境界):サーフェス、セグメント、キーポイントへの設定
計測点設定自由に設定可能(メッシュ頂点以外でも可)
結果出力コンター図/色分け図/面コンター図(電位/比抵抗)、任意断面表示、分析グラフ出力(残差分布図/残差頻度分布図/残差履歴曲線図)、テキスト出力、アニメーション機能(avi形式)
年間サポート
(有償)
・メール/電話での使用方法サポート
・バージョンアップ料金の割引