ソフトウェア販売

有限要素解析

2次元FEM地震応答解析ソフトウェア 2D-FLUSH

本製品は「地盤と構造物の動的相互作用解析プログラム microFLUSH」用のプリ/ポストプロセッシングを目的として開発しました。実績のあるプリ/ポストプロセッサと実績のあるmicroFLUSHの組み合わせにより、複雑な地震動解析を快適に行うことを実現しました。
※「地盤と構造物の動的相互作用解析プログラム microFLUSH」は株式会社 地震工学研究所開発のプログラムです。

製品特徴

本製品は、数値解析ソルバー「microFLUSH」用のモデルデータを作成するプリプロセッサ機能と解析結果を確認するポストプロセッサ機能を搭載しており、ソルバー用入力ファイル作成/ソルバー起動/解析結果結果ファイル読み込みといった解析部の存在を意識することなくモデル作成から解析結果の確認まで一貫した解析環境をご提供いたします。

プリプロセッサ・ポストプロセッサ機能

モデルの作成、物性の設定、境界条件などを行う機能です。2D-σ、2D-Flowなどで作成したデータを元に解析データを作成することが可能です。
・分割数指定機能による要素細分化したメッシュ作成機能
・DXFファイル読み込み機能*
・物性の一覧編集機能
・コンター図/色分け図/面コンター図表示機能
 (加速度/速度/変位/応力/ひずみ波形・応答スペクトル・伝達関数等)
・アニメーションファイル(AVI形式)作成機能
・microFLUSH用入力データ作成、解析結果読込機能
・ビーム等価線形機能*
・データチェック機能*
*はオプション

適用事例

・斜面の地震時安定解析
・地中構造物の耐震性評価
・発破振動の解析
・液状化検討解析
2D-FLUSH製品構成2D-FLUSH解析手順
2D-FLUSH解析結果図例
項目動作環境
CPUIntelPentium(TM)シリーズまたは、それらと互換性のあるCPU
メモリー実装256MB以上
ハードディスク30MB以上の空き容量(製品インストール時)
※解析実行時には、解析データの規模により、さらに多くのディスクが必要となる場合があります。
ビデオカードVGA(640×480)TrueColor以上表示可能なもの
OS Microsoft® Windows XP/Vista/7.以下のMicrosoft® Windowsにて動作確認を行っております。
日本語 Microsoft® Windows XP Professional Edition /
日本語 Microsoft® Windows Vista / 日本語 Microsoft® Windows 7
I/Oポート使用するハードウェアロックキーのタイプにより、USB1.0互換(Aコネクタ)が必要となります。
(ネットワークライセンス方式の場合はLAN経由での認証となるため上記ポート類は特に必要となりません)
その他キーボード・マウス・ディスプレイ(またはそれらに類するもの)
説明
基本システム
設定可能材料平面歪要素、ビーム要素、並進バネ要素、回転バネ要素、ボイド要素、並進スプリング要素
材料定数ポアソン比、単位体積重量、せん断弾性係数、減衰率等
境界条件側面:エネルギー伝達境界、粘性境界
面外:三次元効果を表す粘性境界
底面:剛体基盤、半無限地盤
拘束条件水平ローラー、垂直ローラー、回転拘束、はりのピン連結
節点力節点質量、慣性モーメント
外乱形式垂直情報に伝搬するせん断波または疎密波
結果出力モデル確認図、変形図(ベクトル可)、コンター図(応力・歪み)、色分け図(応力・歪み)、断面上成分曲線(加速度・速度・変位・応力・歪み・モーメント・軸力・せん断力)、値表示(各時刻データ表示、最大値表示、時刻歴表示可)、時刻歴グラフ表示、応答スペクトル・伝達関数グラフ表示、解析結果図・数値データのコピーアンドぺースト機能
DXF読み込み機能*、ビーム等価線形*、データチェック機能*
年間サポート
(有償)
・メール/電話での使用方法サポート
・バージョンアップ料金の割引
*はオプション機能
ソルバーに関するサポートは行っておりません。操作方法のみのサポートとなっておりますので、予めご了承下さい。