技術パッケージ

トンネルの情報化施工支援

情報の統合可視化と支援センター

トンネルの情報化施工において重要な作業の一つは、切羽観察や先進ボーリング、TSPなどのデータをもとに、事前に想定した地質構造モデルを更新して切羽前方の地質を的確に予測していくことです。 このような作業をGeo-Graphiaと支援センターで応援します。

Geo-Graphiaによる3次元可視化

トンネルの施工に関連して得られた情報を3次元可視化し、現状の迅速な把握を可能とします。また、得られた情報は空間座標を介し統合管理されます。
  • 地質関連図面、設計資料、探査結果図面、ボーリング調査結果
  • 地形、地質モデル
  • トンネル構造モデル、支保、補強工
  • A計測結果、切羽観察結果、断面計測結果、B計測結果
  • 前方探査結果(穿孔探査、TSP、先進ボーリング)
トンネルの情報化施工支援

地質モデルの更新による前方予測

トンネル施工開始前に、既往の資料をもとに3次元地質モデルを作成しておきます。 これを基本として、Geo-Graphia上に切羽観察結果や観察・探査データを重ね合わせて表示し、トンネル掘削の進捗とともに地質モデルを更新していきます。 新しい地質モデルや計測データをもとに、必要に応じ数値解析を実施し、より適切な補強工や掘削方法を検討します。
地質モデルの更新による前方予測

情報化施工支援センター

地層科学研究所内には情報化施工支援センターを設け、多忙な担当者のデータ入力をリモートでお手伝いします。 また、得られた情報に基づいて地質モデルを更新することで、前方地質の総合的な判断を補佐します。
情報化施工支援センター

情報化施工支援のための作業フロー

支援センターでは、次のような作業を行います
情報化施工支援センター作業フロー