技術パッケージ

トンネルの情報化施工支援 一覧

トンネルの情報化施工では、地山変形の計測や切羽の地質観察、先進ボーリングや前方探査などが随時実施されます。 施工を担当する技術者は、これら多くの情報を総合的に判断し、安定性や安全性の高い適切な工法を選択します。 地層科学研究所では情報化施工支援センターを設け、このような技術者の意思決定を支援します。


情報の統合可視化と支援センター

情報の統合可視化と支援センター
Geo-Graphiaを用いた情報の統合化と3次元可視化により、現状の迅速な把握やチーム内での情報共有に貢献します。

情報化施工を支援する3次元変形解析

情報化施工を支援する3次元変形解析
実際の施工手順や補強工を数値解析モデルに反映し、リアリティの高い変形予測や補強工の評価を行います。

地下水に注目した情報化施工

地下水に注目した情報化施工
施工中に地質モデルを更新しながら、トンネル掘削に伴う湧水量や地表近くの地下水位に及ぼす影響を予測します。

仮想ドレーンモデルによる地下水解析

仮想ドレーンモデルによる地下水解析
広域の解析モデルを用い、トンネルをモデル化せずにトンネル掘削の影響を評価する手法を考案しました。