数値シミュレーション

地盤防災

2D-Flowを用いた円弧すべり計算による耐震設計手法

地層科学研究所では、2次元浸透流解析ソフトウェア2D-Flowを販売していますが、2D-Flowには地下水面と水平震度を考慮して円弧すべり計算を行う機能が装備されています。 切土や盛土、あるいは提体などを対象として、豪雨時や地震時のすべり安全率を求めることができます。

地下水位を考慮した切土や盛土の設計解析
(円弧すべり)

2D-Flowでは、有限要素法による浸透流解析によって、様々な条件における地下水流れの状態を推定することができます。 また、降雨量の時間変化や河川水位の変化などを考慮して、地下水流れの経時変化も追跡することも可能です。
これらによって求められた地下水位と地盤の強度を用いて、円弧すべり解析を実施し、地盤のすべりに対する安定性を評価します。 水平震度を考慮することにより、地震時のすべり安定性も評価することができます。手順は、以下のとおりです。
  • 適切な境界条件を与え、定常状態(初期状態)での地下水流れを表現します。
  • 降雨や河川水位変動を与えて、時々刻々変化する地下水流れの状態を表現します。
  • 地盤の強度と水平震度を与えて、得られた地下水位でのすべり安全率を求めます。
切土や盛土などの耐震設計に、2D-Flowを是非ご活用ください。2D-Flowを用いた受託解析にも対応しております。

解析画面例