計測ソリューション

トンネルや地下空洞の計測・探査技術

弾性波探査システム TSP203

発破振動による弾性波反射法探査システムです。
トンネル坑内での小規模発破による弾性波を切羽前方に送り、その反射波を計測および解析することにより、前方の地質不連続面の位置・方向・傾きおよび弾性波(P波/S波)速度分布を短時間に探査します。

製品特徴

坑内での発破による弾性波反射法を用いた間接的な探査で、地質変化面の拡がりや位置を把握します。3成分の反射波データを用いるため、切羽前方に存在する地質不連続面(断層破砕帯など)の方向と傾きを3次元的に推定することができます。 また、P波速度だけでなく、S波速度分布も求めるため、弾性係数やポアソン比などの岩盤物性値とその変化を推定することができます。

探査方法

  • 探査方法:坑内での発破による弾性波反射法探査
  • 探査距離:切羽前方130~150m
  • 計測時間:準備・片づけを含めて2~3時間程度
  • 解析時間:約2時間(速報値のみ)
  • 備考:火薬の使用許可が必要・装置はアンベルグ社製

探査手順

探査は次の手順にて行います。
探査手順図

その他の探査

地層科学研究所では、TSP203による探査のほか、切羽より点または線の地山状況を直接的に確認する[穿孔探査システムDRISS]による探査も行っています。