ABOUT

Geo-Graphiaでできること

  • 地層モデルの構築から解析までをシームレスに

    Geo-Graphiaを用いることで、地下を対象とした3次元数値解析で行われてきた煩雑な作業を効率良く進めることができます。
    • ・メッシュを自動生成し、地質構造に対応した物性値を要素に割り当てます。
    • ・施工過程を考慮した解析ステージの設定や、初期条件や境界条件の設定を迅速 に行うことができます。
    • ・解析結果は、多彩な表現方法で可視化が可能です。また、解析結果と他の地下情報を重ね合わせて見ることができます。

  • トンネルの情報化施工を高度化

    Geo-Graphiaの3次元統合可視化機能をフル活用することで、トンネルの情報化施工を高度化し管理者の意思決定を支援します。
    • ・観察結果や探査結果をもとに地質モデルを随時更新し、トンネル前方の地質や危険性を予測します。
    • ・A計測、B計測、前方探査結果などを3次元で表示します。
    • ・数値解析結果を地質モデルや観察・計測結果と比較検討できます。
    • ・施工管理で使用した各種データを保存・管理することで、維持管理へ役立てることができます。

  • 地質・構造物関連の情報を一元管理

    ボーリングデータ、探査データ、横断面図、縦断面図、文献など、地下構造物に関連する情報を一元的に管理します。
    • ・各情報はGeo-Graphia固有の手法により管理され、必要な情報はハイパーリンクなどにより取り出し表示できます。
    • ・地質モデルや解析結果、計測結果などとともに、必要に応じて表示することができます。

  • CIMの概念を体現

    施工段階や時間経過とともに情報を更新し、施工中の計測結果やモニタリングデータ、数値解析による影響予測結果を管理します。
    • ・調査段階で作成された3次元地質モデルを、設計や施工のステージに繋げます。
    • ・トンネルの情報化施工で得られた情報や更新された地質情報などを、維持管理のステージで活用ができるように管理します。
    • ・Geo-Graphiaが管理している情報を、CIMが要求する統一規格で出力できるよう開発を進めています。

  • 業務委託・作業支援サービス

    Geo-Graphiaを共通のワークベンチとすることで、専門スタッフが様々な作業を支援し、業務の効率化に貢献します。
    • ・CADデータをインポートし構造物の3次元モデルを作成します。
    • ・ボーリングデータや断面図などをもとに地質モデルを作成します。
    • ・メッシュの作成や数値解析の実施、解析結果の可視化を支援します。

    詳しく見る

統合可視化イメージ

地表面形状

地質構造モデル

数値解析結果

数値解析モデル

ajax

観察データ

探査データ

図面、資料

CADデータ

不連続面データ

計測データ

ボーリングデータ

統合可視化イメージ

動作環境

CPU ntel x86系および互換、AMD 64(x86-64)、
Intel 64(EM64T)準拠CPU(Intel Pentium 4/D、
Xeon、Core 2、Core i7、AMD Athlon、
Opteron、Phenom、他)
メモリ 8GB以上
ハードディスク 100GB以上
グラフィックスカード 1GB以上のビデオメモリを実装したOpen GL 3.3対応のグラフィックカード
OS 日本語Microsoft® Windows 7(32ビット/64ビット)

ご質問・ご相談・資料請求はこちら

お問い合わせ・資料請求