ソフトウェア販売

ライセンス管理

地層科学研究所のソフトウェアをHASPハードウェアキーで運用のユーザー様
Microsoft社の下記OS上で、ソフトウェアをお使いになる場合には、下記手順に従いHASPデバイスドライバをダウンロード、およびインストールしてお使い下さい。

HASPデバイスドライバ【Ver7.41】の対応OSは下記の通りです。
・Windows 10
・Windows 8.1 SP1
・Windows 7 SP1
・Windows Vista SP2
・Windows XP (X64) SP2
・Windows XP (X86) SP3
・Windows Server 2003 SP2
・Windows Server 2008 SP2
・Windows Server 2008 R2 SP1
・Windows Server 2012 R2
・Windows 7 SP1 Embedded standard (x86)
上記以前のOSの場合には、こちらをご覧ください。

1.HASPデバイスドライバのダウンロード

管理者権限でログインしていることを確認後、ダウンロードを開始して下さい。
下記の【ハスプドライバ・ダウンロード】上で右クリックメニューを表示させ、 ”名前を付けてリンク先を保存” を選択します。
任意の場所にファイルを保存し、解凍後、下記手順「2.インストール」に従って操作します。

2.インストール

インストールの際には、下記の点にご注意下さい。
管理者権限でログインしていることをご確認下さい。
・本プログラム実行前に弊社製品(2D-σ, 3D-σ等)を全て終了して下さい。
アンチウィルスソフト、ファイアーウォールの制御を一時的に無効にして下さい。
・HASPハードウェアキーをPCから一旦取りはずして下さい。
I.スタートメニューより「ファイル名を指定して実行(R)...」を選択します。「ファイル名を指定して実行」画面が開きます。 スタートメニュー内に「ファイル名を指定して実行」が表示されていない場合は、
こちらの手順より表示させることができます。
-- スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」の項目を表示させる方法 --
  1. スタートボタン上で右クリックし、[プロパティ]を選択します。
    スタートボタン上で右クリックした画像
  2. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ダイアログが表示されます。 [スタート]メニュー内の[カスタマイズ]ボタンをクリックします。
    [スタート]メニュータブ画像
  3. [ファイル名を指定して実行]コマンドのチェックボックスにチェックを入れて、[OK]をクリックします。
  4. 「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」画面に戻ります。
    [適用]ボタンをクリックし、[OK]をクリックします。
  5. スタートメニューに「ファイルを指定して実行」項目が表示されます。
    以降、手順に従い、ハスプドライバーのインストールを行ってください。
管理者コマンドプロンプト画面
II.「参照(B)」より、保存した【haspdinst.exe】ファイルを指定します。
(または、デスクトップなどに保存された【haspdinst.exe】をドラッグして、名前の入力欄に移動させても同様です。)
III.「名前(O)」の入力欄に表示された【haspdinst.exe】の後に半角スペース1つ、- (ハイフン)、i を入力し、「OK」をクリックします。
画面
画面説明
例) CドライブのHASP741フォルダに haspdinst.exe が保存されている場合には、
C:\HASP741\haspdinst.exe -i と記述します。
IV.[ユーザーアカウント制御]画面が表示され、「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」という確認画面が表示されます。[OK]をクリックします。
V.HASPデバイスドライバのインストールが実行され、下記の画面が表示されます。「OK」をクリックします。
インストール画面
※エラーの場合は、下記サポート窓口までご連絡下さい。
■管理者として、コマンドプロンプトを起動して実行することもできます。
Win7:スタートメニュー/すべてのプログラム/アクセサリ/コマンドプロンプト-右クリックメニューより[管理者として実行]をクリック
Win8:[Windows]キー+[X]キーより、クイックアクセスメニューを表示/[コマンドプロンプト(管理者)]をクリック


3.起動確認

USBキーをマシンに接続します。
USBキー
※購入時期により、お使いのUSBキーの種類が異なります
I.[スタート]メニュー-[コンピュータ]より、コンピュータ画面を開きます。
 [システムのプロパティ]を選択します。
コンピュータ画面
II.画面左側のメニューより、「デバイスマネージャ」を選択します。
システムプロパティ画面
III.ユニバーサル シリアルパスコントローラー内に【SafeNet Inc. HASP Key】,【SafeNet Inc. Sentinel HL Key】,【SafeNet Inc. USB Key】が追加されていることを確認してください。
(お使いのHASPキーが非HL型の場合には【SafeNet Inc. Sentinel HL Key】が表示されません)
デバイスマネージャー画面
・ここで、「その他のデバイス」に「SafeNet knowledge Systems Key」がある場合には、HASPを接続したままこのデバイスを削除し、再度、デバイスドライバをインストールしてください 。
IV.製品の正常起動を確認し、HASPドライバのインストールが完了となります。

4.ご注意

HASP36(パラレルポートピン数が36本)への対応は不可となります。 また、HASPではないフロッピーディスク版のプロテクト(キーディスク版)は、現在サポートしておりません。 したがいまして、HASP36またはキーディスクにて運用されているお客様はシステムアップデート時などに一度弊社サポート担当まで ご連絡いただきますようお願いいたします。

5.サポート窓口

本HASPデバイスドライバのインストール、または弊社製品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
■住所:東京都文京区後楽2-3-25 金子ビル6F
■電話:03-5842-7677 月曜日から金曜日(祝祭日を除く) 10:00-17:00
■mail: support@geolab.jp